【頭いい】宝馨・日本高野連会長の学歴(高校・大学)!英語力がすごい!

2 min
スポンサーリンク

日本高校野球連盟会長の宝馨(たから かおる)会長

実はすごく頭いいのはご存知ですか?

今回はそんな宝馨会長の学歴(高校・大学)

頭いいエピソードとして英語力がすごい!というのがあるのでその辺りも調べてみました。

スポンサーリンク

【頭いい】宝馨(日本高野連会長)の学歴を調査!

それでは宝馨会長の出身高校から見ていきましょう。

宝馨(日本高野連会長)の出身高校

宝馨会長の出身高校は兵庫県立西宮北高等学校です。

兵庫県の公立高校で、偏差値は52!

2021年度の大学進学実績としては

国公立大9人

医学部合格者数 1人

早慶上理ICU. 3人

GMARCH. 3人

関関同立 7人

兵庫県立西宮北高校OBには元メジャーリーガーで、現オリックスコーチの田口壮さんがいます。

その他、小説家の谷川流さんも同校の出身ですね。

宝馨(日本高野連会長)の出身大学

高校卒業後は京都大学工学部現役合格!

その後は京都大学大学院工学研究科土木工学専攻修士課程修了後1981年からは京大工学部助手に着任。

水資源工学などを専門とし、京大防災研究所所長など、なんかよくわからないけれども、すごい感じの役職にたくさん就かれています。

賢すぎて異次元ですね…笑

スポンサーリンク

宝馨(日本高野連会長)が日本代表のピンチを救う!

宝馨の頭いいエピソードとして「英語力がすごい!」というのがあります。

2022年9月9日、米・フロリダ州で開幕する野球の第30回U18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)。

前日の8日、同州内のホテルで監督会議に続き、記者会見が開かれた。

通訳の手配に行き違いがあり、日本チームは通訳なしでこの会見に臨まざるを得なくなったのだ。

 そこで白羽の矢が立ったのが、チームの団長を務める宝会長だった。

京大の名誉教授でもある宝会長は、学会や講演などで、これまでに世界51カ国を回るなど英語も堪能だ。  

チームの状態や目標、初戦の先発投手などについて馬淵史郎監督(66)の思いをしっかり代弁し、

「日本は優勝したことがないので、優勝をめざしたい。この大会に向けて準備してきた」と説明。

海外メディアからの「甲子園大会とは?」「メンバー選考の方法は?」などという質問にも冷静に、丁寧に答えていた。  

緊急登板を無事に終えると、司会者や大会関係者から賛辞を送られた。

京大で硬式野球部の監督を務めた経験もある宝会長は「野球の質問も多かったので、私でよかったのかもしれませんね」と苦笑い。  

馬淵監督も「俺は英語はさっぱり。会長がおらんかったら、大変なことになっとった。助かりました」とほっとした表情を浮かべていた。

Yahooニュースより引用

この宝馨会長の英語を話されている様子が気になるところですが、

その映像は見つかりませんでした。

見つけ次第、追記します。

スポンサーリンク

【頭いい】宝馨(日本高野連会長)の学歴(高校・大学)!会見通訳の英語力が話題!まとめ

いかがでしたか?

今回は宝馨(日本高野連会長)の学歴について調べてみました。

京都大学出身で英語ができてすごすぎましたね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA