平川理恵のwiki経歴!結婚して旦那(夫)や子供はいる?娘がスゴイ!

3 min
スポンサーリンク

広島県の平川理恵教育長

今回はそんな平川理恵さんのことをあまり知らないという人のために

平川理恵さんは結婚してるのか?

旦那(夫)や子供はいるのか?

ということを平川理恵さんのwiki経歴としてまとめてみました。

なんでも平川理恵さんの娘さんはスゴイんだとか、

そこらへんもみていきましょう!

スポンサーリンク

平川理恵のwiki経歴

名前:平川理恵(ひらかわ りえ)

職業:広島県教育長

誕生日:1968年生まれ

出身大学:同志社大学卒

子供:長女

平川理恵の職歴

同志社大学卒後1991年にリクルート入社。

リクルート営業担当でトップ営業ウーマンになる。

1997年に南カリフォルニア大学MBA留学。

1999年にリクルート退社。

1999年に留学仲介会社を起業。

2003年に長女出産。

2009年に10年間経営した留学仲介会社を売却。

2010年に公募で女性初の公立中学校民間人校長として

横浜市立市ヶ尾中学校に着任。

2015年に横浜市立中川西中学校長に着任。

その間、中央教育審議会教育課程企画特別部会委員として

新学習指導要領改訂作業に携わる。

2018年4月より広島県教育長。

平川理恵さんはリクルートでトップ営業ウーマンで、

目標を250%達成していたそうです。

リクルート退職ごの30歳で南カリフォルニア大学MBA留学。

南カリフォルニア大学のビジネススクールに進学した。

その後にリクルートを退社し留学仲介会社を起業し留学のアドバイスをするコンサルティング業を開始する。

34歳で妊娠・長女出産

従業員は20人で事業は絶好調だったが

平川理恵さんが不在であった会社は銀行口座の預かり額が10万円を切るほどの

経営危機に陥った。

経営危機を両親が大阪の家を売却してくれて会社の再建が出来たそうです。

所がストレスにより「突発性難聴」になり、また若者の留学者数が減り会社を

売却する。

40歳で無職となる。

自分は何を成し遂げたいか「教育で日本に元気と勇気と活力を」にたどり着き、

大阪府の「民間人校長」職に応募に見事合格したのです。

当時6歳の長女に家族皆で居たいと言われ大阪行きは断念した。

横浜市の「民間人校長」職が運よくあり応募、応募者数百人の難関を突破して

合格されたのです。

2010年4月から横浜市立市ヶ尾中学に、「民間出身初の女性校長

が誕生されました。

2010年に横浜市立市ヶ尾中学校に着任。

2015年に横浜市立中川西中学校長に着任。

2018年4月より広島県教育長。

平川理恵は結婚して旦那(夫)や子供はいる?

平川理恵さんは子供はいますが、独身の可能性が高いです。

理由としては

平川理恵さんは34歳で妊娠・長女出産されておりますが、父親の存在がどんなに調べても出てこないからです

大阪府の「民間人校長」職に応募に見事合格した時に大阪行きを

6歳だった娘さんにハッとするような一言を言われてしまったのだ。

長女を出産されてからは両親の援助など
子育てなどありますが、

父親の存在が全くありませんから、シングルマザーなのですね?

普通でしたら子育てや、会社経営の資金など夫婦の話がありますが、

一切ありませんでした。

スポンサーリンク

平川理恵の娘がスゴイ!

平川理恵さんの娘さんは12歳で留学を決意しているというスゴイ子でした。

「娘が小6、12歳のとき、突然『マレーシアの中学に行きたい』と言われました。

都内で行きたい中学を探しても本人はピンとこなかったようで、

親子で海外の知人を訪ねた際に訪れた、自由でさまざまな人種の生徒がいる学校に通いたい、と言うのです。

私は仕事があるから行けないよ、と言うと、『別にママは来なくてもいいから、お金だけ送ってほしい』と言われて。留学という目標に向け、自力で先生を探してきて

1年かけて苦手な英語を克服していく娘を見て、

もうこの子は、私がいなくても大丈夫なんだろうな』と思いました」

 娘が幼い頃から、自分の人生は自分で選び取れるような子になってほしいと思って子育てをしてきたという平川さん。

しかし、突然の自立に、「正直言って、早過ぎるよ、もうちょっと子育てをさせてほしいな、という気持ちもあった」と苦笑します。

平川理恵の教育理念

 平川さんは大学卒業後にリクルートに入社し、在籍中に米国でMBAを取得。

帰国後はリクルートを退社し、海外留学を支援する仲介会社を設立。

その後、娘さんを出産しました。

2010年に全国初の女性の公立中学校民間人校長として、横浜市立市ヶ尾中学校に着任し、

2018年には、広島県教育委員会の教育長に就任。

現場主義を掲げ、年間150校程の学校を訪問し、

子どもたちに求められる学校づくりにまい進しています。

広島県が進める「学びの変革」の先導的役割をもつ国際バカロレア認定校(広島県立広島叡智学園)の運営を軌道に乗せたり、

教育委員会内に不登校支援センターを設置したりするなどの教育改革を実践してきました。

 娘さんは、幼い頃から自立心が強く、自分で人生を選び取り、一度決めたことはやり抜くタイプだったといいますが、

親である平川さん自身も、「親として、『主体的に動ける子』になるような子育てを意識してきたと語ります。

スポンサーリンク

平川理恵のwiki経歴!結婚して旦那(夫)や子供はいる?娘がスゴイ!まとめ

いかがでしたか?

今回は平川理恵さんについて調べてみました。

この記事を読んで平川理恵さんのことを少しでも知ってもらえたらすごく嬉しいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA