【悲報】古谷一行の死因は肺がんではない?「予期せぬ出来事」の意味を考察!

3 min
スポンサーリンク

俳優の古谷一行さんが8月23日に死去していたことが分かりました。78歳でした。

古谷一行さんは2011年に早期の肺がんが発見され、切除術を受けています。

所属事務所は「この度の訃報となる予期せぬ出来事に見舞われてしまいました。」と発表。

ネット上では古谷一行の死因は肺がんだったのか?

この“予期せぬ出来事”とは何だったのか?

などが話題になっています。

今回はそんな古谷一行さんの死因について調べてみました。

スポンサーリンク

古谷一行のなくなるまでの経緯

まずは古谷一行さんがなくなるまでの経緯について見ていきましょう。

・2011年10月:肺がんの診断を受け、同年11月に腫瘍の切除手術を行う

・2012年2月に仕事復帰

・2015年:脳への転移が見つかったが、放射線治療で完治し病を乗り越えた。

・2022年7月:一部女性誌で「体重20キロ減」と激ヤセ姿が報じられる。

・同年8月23日:死去

78歳で亡くなった古谷一行さん。

年齢のこともあり、様々な病気を乗り越えていたようです。

古谷一行の死因は肺がんではない?

古谷一行さんの死因については公表されていません。

このことについてネット上では

などと気にしている方が多いです。

実際ネット上では古谷一行さんの死因について様々な憶測が飛び交っています。

その憶測について1つ1つみていきましょう

①新型コロナ

まずは新型コロナウィルスで亡くなったという憶測です。

コロナで亡くなった有名人は鈴木勲さん、安藤実親さん、小島秀夫さんなど多くいます。

しかしその場合、コロナで亡くなったと公表されるはずなのでこの可能性は低いですね。

②ワクチン

次にワクチンで亡くなったという憶測です。

ワクチン接種後になくなるということがあるそうですが、

「ワクチンを接種した後に亡くなった」ということは、「ワクチンが原因で亡くなった」ということではありません。

接種後の死亡事例は報告されていますが、現時点で、新型コロナワクチンの接種が原因で多くの方が亡くなったということはありません。

③がん

次にがんで亡くなったという憶測です。

確かに古谷一行さんは肺がんを経験したり、脳に転移したりとがんを乗り越えてきた方です。

しかしこの場合もがんで亡くなったらそれを公表すると思われます。

よってこれが死因とは考えにくいです。

④体力的に弱ってしまった

次に体力的に弱ってしまったという憶測です。

古谷一行さんが亡くなったのは78歳。

体力が落ち、トレーニングをしていたそうです。

おそらくこの中では一番可能性が高いのではないかなと思われます。

⑤自◯

次に自◯という憶測です。

これの可能性は極めて低いですね。

古谷一行さんはこれから仕事をするためにトレーニングをしていたので

これはないですね。

全て憶測で死因については公表されていません。

スポンサーリンク

「予期せぬ出来事」の意味

古谷一行さんの訃報を受けて事務所が出した文書の報告に

「予期せぬ出来事」という言葉がありました。

この「予期せぬ出来事」とは一体何だったのか?

おそらくこれは“体調が回復に向かっているときに亡くなってしまった”ことが予期せぬ出来事だった、

ということかと思われます。

事務所の報告には

「病克服後、次なる挑戦に向けて、家族の見守りと共にトレーニングに通う日々を送っておりました矢先、

この度の訃報となる予期せぬ出来事に見舞われてしまいました。

余りにも突然な事に、ご遺族のご心痛は、計り知れないものでございます」

と記載されており、

「次なる挑戦に向けてトレーニングをする日々の中、今回の訃報という予期せぬ出来事があった」という意味に読み取れます。

おそらく古谷一行さんが徐々に回復していっているように見えた周囲の人たちからは

今回の訃報は”予期せぬ出来事”だったのでしょう。

スポンサーリンク

【悲報】古谷一行の死因は肺がんではない?「予期せぬ出来事」の意味を考察!まとめ

いかがでしたか?

古谷一行さんの急逝が今だに信じられませんが、ご冥福をただただ…お祈りいたします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA